スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
死があふれる街・・・被災3日目

地震のあった13年前、当時、デジカメはありません。

もちろん携帯電話もごく一部の方しか、所有していませんし、もちろん現在のようなカメラ機能もありません。

街の被害状況や、避難生活の状況を容易に撮影はできませんでした。

もちろん、ブログというものも存在してなかったし、個人がネット上でその状況を伝えるには、一部のホームページ作成技術をもった方しかいませんでした。


3日目頃になってくると、多くのマスコミや、ボランティアに紛れたヤジウマがやってきて、そこら中にカメラを向けていました。

当時、ギリギリの生活をしていた私は、このカメラを向けている人たちに吐き気を覚えていました。

壊れた家、燃えた家、倒壊した駅、横倒しの高速道路、裂けた地面、うねる道路・・・

こんなに多くの人が悲しみ、苦しんでいるサマをカメラにおさめて楽しいか?

本気でそう思っていました。

それくらい、日々が必死でした。


しかし、今ではその記録を残してくれた人には感謝しています。

また私自身も映像での記録を残したかった、、、そう思っています。

自宅の被害、近所の家の様子、公園でのテント生活、避難所の様子・・・

今、ブログでこうして、その頃の街の様子を振り返り、言葉で伝えようとしていますが、言葉ではなかなか伝わりません。

地震や大規模災害にあったことのない方に、

「死があふれている街」

と言っても想像できないと思います。

私の家族は運よく、全員が無事でした。

しかし、近所では多くの方が亡くなりました。

親しい友人の家族も・・・

亡くなられた方の倒壊した家の前には、花や線香が置いてあります。

また残された家族は、亡くなった家族の居る倒壊した家を離れられず、その側で避難生活をしています。

明らかに避難所よりも劣悪な環境ですが、それでも亡くなった家族の側にいたい。

悲しみ、苦しみ、絶望が街中を包んでおり、誰一人として笑顔はなく、もちろん笑い声など聞こえてきません。

大げさではなく、これが「死があふれた街」のナマの声なのです。

薄れ行く記憶の中で、映像に残したかった。。。

このブログにその時の写真でもあれば、もっと強く伝えられたどだろうし、読みやすくできたと思います。


死がそこらじゅうに点在する状況が長く続くと、人間の感覚はおかしくなってきます。

そして、自分も死ぬんじゃないか?こんなに多くの人が死んでるんだから、自分もいつ死んでもおかしくない、という恐怖の連鎖が発生します。

特に希望を無くした老人の方は、「もう死んでもいい」「こんなことなら死にたい」と口にしてしまいます。

あちこちで、こんな人間の心理が渦巻くと、街全体がどうなるか?

それが、「死があふれた街」なのです。


被災後、3日目、この頃から、”恐怖の連鎖”はエスカレートすることになりました。

避難所で亡くなる人の噂。

避難所に入れず、車で寝泊りしている人が突然死する噂。

もっと大きな地震が来る噂。

私たちの街の海辺に並ぶ、神戸製鋼のコンビナートにガス漏れが発生していて、大爆発が起きる噂。

道が途切れ、橋が落ち、通れる道は大渋滞で、神戸からは脱出できないという噂。

などなど。。。

人々の不安は、更なる不安をあおり、恐怖と絶望が街全体を覆っていました。

2008/01/30(Wed) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
----

生の声、興味深く拝見しております。大変だったろうなぁ。。。とは思っても、実体験者の声は、それが真実だったからこそ心の深いところまで届いて響きます。記述していると、当時を思い出して辛い事もあるでしょうが、ご無理なさらず無知なあたし達に生の声を聞かせてください。
by: ひまわりさん * 2008/01/30 17:24 * URL [ 編集] | page top↑
--ひまわりさん、ありがとうございます^^--

何度かマムさん経由でお邪魔しています。
コメントありがとうございます。

さすがに13年経ちますと、記憶が薄れておりましたが、これを書き出してからは、いろいろ思い出し始めました。
人様に何か伝えると言うような大それたことは書けませんが、自分の記憶の整理として最後まで書き続けますよ。
by: リックルハング * 2008/01/31 06:57 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://phenixashiya.blog98.fc2.com/tb.php/14-d4ee09fb
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。