スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
はじめに

震災から13年の月日を経て、いつかは記録に残したい、書きたいと思っていた「震災手記」を、ブログというツールを使って、やっと書き始めることができました。

日々薄れていく記憶の中で、最近、日本全国で大きな地震が起こるたび、また毎年1月17日を迎えるたびに思い出しては、そのことを考えていました。


なんでもそうですが、大きな災害、災難は、自分が実際にその立場にならないと分かりません。

人間って、なぜか「自分だけは大丈夫」と思っています。

そう、他人事です。

私もそうでした。

まさか神戸に地震が来るなんて、これっぽっちも思ってませんし、その備えなどあるはずもありませんでした。


私は神戸市灘区という場所で被災しました。

JR六甲道という駅の付近で、震度7の激震地区でした。

駅の高架橋が落ち、JR東海道線で最後まで復旧が遅れたことで、少し有名になった駅です。

火災も発生し、街が消滅しました。

大げさではありません。

その証拠に現在の私の実家の周辺は、震災復興再開発により完全に違う街へと変貌しました。

もともと商店街や市場の並ぶ下町でしたが、今はご覧のとおり、ビルディングジャングルです。

近所の人はほとんど街を離れ、現在住んでいる人は、新しく震災後に来た人ばかり。つまり、震災を知らない人たちばかりです。

ほとんどの家は建て替えられ、家や街並みは区画整理により整然としています。

小学校、中学校もすべて建て替えられました。

もはや震災前のような、私の故郷としての面影は一切ありません。

地震はそれほど、すべてを破壊、消滅してくれました。


我が家は自宅が全壊し、テント暮らしと、3年間の仮住まい生活を経験しました。

これから少しずつ、記憶を辿りながら、その記録を記していこうと思います。

2008/01/17(Thu) | トラックバック(1) | コメント(4) | page top↑
コメント
----

リックルハングさんおはようございます。

「あの時」の事は僕もよく覚えています。
といっても、僕の場合東京に居て入社
1年目。朝職場のテレビを見て上司や
先輩と呆然としてしまいました。
みんな言葉が出ないという感じでした。

現在はとにかく防災の心構えだけは
しておこうと自分なりに防災グッズを
作って玄関においてあります。

「リスク回避」は本当に大切ですね。
自分の価値観がボロボロ崩れるのは
恐ろしい事です。
普段からの備えと、いざその状況に
なったときの心構えをいつも準備して
おきます。
by: あーだー * 2008/01/17 06:11 * URL [ 編集] | page top↑
--あーだーさん、ありがとうございます^^--

尋常でない出来事を経験すると、おっしゃるとおり自分の価値観が崩れます。
そんなとき、本当の自分が出るような気がします。
当時まだ独身で責任の軽い身、今だったら私はどんな状態に陥るだろう・・・、たまに不安に思うんです。

備えで一番大事なのは、あーだーさんの言うとおり、心構えだと思います!
by: リックルハング * 2008/01/19 21:47 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/03/04 08:44 * [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2009/01/29 15:11 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://phenixashiya.blog98.fc2.com/tb.php/2-0da6f6c3
阪神・淡路大震災の記録
投資とは全く関係のない話題で恐縮ですが・・・ 僕の中での人生最大の衝撃は、間違いなく阪神大震災です。 その瞬間こそ僕は神戸にいませんでしたが、かつて住み、そして終生関わっていくことになった土地ですので、そのときの衝撃は今でも昨日のことのように思い出しま... 初心者ドラの香港資産運用記【2009/09/18 19:20】
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。