どこに避難する?・・・被災当日
「みんな無事やで。」

近所のおじさんのこの一言で、私は大きな緊張から解き放たれました。


さっそく家の裏に回ると、わずかに残された路地の隙間から出てくる、見慣れた顔がありました。

親父、発見です。


大声で呼びかけると、振り向き、

「ケガないんか?大丈夫か?彼女は?」

と私たち二人のことを真っ先に心配してくれました。

そして、大声で

「おぉーい、お母さん、○○無事やで!」

と家の奥に叫びました。

奥のほうから、聞きなれた声が返ってくるとともに、母が出てきました。

涙を浮かべ、お互いの無事を喜びました。

「妹は?」

私が聞くと、

「広い道のとこで、犬と待機してる。無事やで。」


家族みんな無事。

この震災で、つらい避難生活や、仮住まい生活を経験しましたが、こんな記録を残せるのは、「家族が無事だったから」です。

誰かが亡くなったりしていたら、このブログは一生書けないでしょう。

まさに不幸中の幸いです。


とは言いながら、親父の顔の半分にできた大きなアザが気になります。

「それ、どうしたん?」

「タンスが倒れてきて、顔打ったんや。痛いけど問題ないと思う。」

(震災から2週間後、親父は顔面骨折の診断を受けました。)


これからどうする?

とにかく寒い。

今日は家では寝られない。こんなとこ危なくて、近寄れない。

こんなとき何をどうすればいいんだろう?

親父と話し、

「余震でいつ建物が崩れるか分からない。とにかく広いところに避難しよう。」


両親と、私と彼女、妹と犬2匹。

家族全員で、JR六甲道駅前の広場に向かいました。

地域の避難指定場所は小学校でしたが、近所の人が、すでに人で溢れていると言ってましたので、駅前の広場に向かうことにしたのです。

私の趣味のキャンプ道具の中からテントをひっぱり出し、広場でテントを設営、そこにしばらく避難することにしました。

家を離れ、街を歩くたびに、その悲惨な惨状が次々と目に入り、家族全員が口を紡ぎます。

駅に行くまでに、近所の人と会うたび、母は涙を浮かべ、互いの家族の状況を話していました。

よく知っている近所の家や、友達の家の多くが、ぺちゃんこに潰れています。

「この家の家族はどうなっているんだ・・・?」

気になりながらも、まずは、家族の安全を確保するため、一目散に駅に向かいました。

六甲道駅前につくと、JR神戸線の高架線路が落ちており、駅が完全に潰れています。




(神戸市のHPから写真をお借りしました。)


駅前のビルの窓ガラスはほとんど割れ落ち、路上にガラスの破片が散乱しています。

すでに駅前広場には、何組かの家族が避難に来ていましたが、私のようにテントを持っている人は少なく、寒さを凌ぐため、布団を地面にじかにひいたり、毛布にくるまったりしていました。


私の家族は、テントを張る場所を確保しました。

そしてテントを設営しようと、準備を始めたそのとき、これまでで一番大きな余震が襲ったのです。

そこに居た多くのの人たちが、悲鳴を上げました。

さらに、駅前のビルからガラスの破片が落ち、割れる音が聞こえました。

「ダメだ、ここは安全じゃない・・・」
2008/01/21(Mon) | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
コメント
----

息を呑んで読ませていただきました。

これが、地震の現実なんですね。

次回も学ばせていただきたいと思います。
by: あぱこ * 2008/01/21 23:20 * URL [ 編集] | page top↑
----

お父様の顔面骨折の診断が、震災から2週間後にやっと受けることができたということは、それだけ病院が重傷者であふれていたということなのでしょうか・・・。
お父様、そうとう痛かったでしょうに。
今は、きれいに治っていらっしゃいますか?


身を守るために、やはり家具の固定は大切ですね。
我が家は家具の固定をしなきゃと思いながら、先延ばしにしてしまっています。
まずは大きな家具から、ちゃんと固定しなきゃ!
by: あぶりしゃけ * 2008/01/21 23:49 * URL [ 編集] | page top↑
--あぱさん、こんばんわ--

僕も実際にそう思いました。
これって夢でしょ・・・
by: リックルハング * 2008/01/22 01:10 * URL [ 編集] | page top↑
--しゃけさん、紹介ありがとうございました(ペコ--

ちょっと痛いくらいで病院には行けませんでした。
どちみち顔面骨折は日にち薬で、ギブスも何もできません。
おかげさまで今は普通の顔に戻ってます。

我が家は寝室のクローゼットを必ず閉めて寝るとか、そういったことは夫婦とも当たり前になってます。
家具は寝室にはひとつも置いてません。怖いですから・・・
by: リックルハング * 2008/01/22 01:15 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://phenixashiya.blog98.fc2.com/tb.php/5-8e29dbe3
前のページ ホームに戻る  次のページ