スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
はじめに

震災から13年の月日を経て、いつかは記録に残したい、書きたいと思っていた「震災手記」を、ブログというツールを使って、やっと書き始めることができました。

日々薄れていく記憶の中で、最近、日本全国で大きな地震が起こるたび、また毎年1月17日を迎えるたびに思い出しては、そのことを考えていました。


なんでもそうですが、大きな災害、災難は、自分が実際にその立場にならないと分かりません。

人間って、なぜか「自分だけは大丈夫」と思っています。

そう、他人事です。

私もそうでした。

まさか神戸に地震が来るなんて、これっぽっちも思ってませんし、その備えなどあるはずもありませんでした。


私は神戸市灘区という場所で被災しました。

JR六甲道という駅の付近で、震度7の激震地区でした。

駅の高架橋が落ち、JR東海道線で最後まで復旧が遅れたことで、少し有名になった駅です。

火災も発生し、街が消滅しました。

大げさではありません。

その証拠に現在の私の実家の周辺は、震災復興再開発により完全に違う街へと変貌しました。

もともと商店街や市場の並ぶ下町でしたが、今はご覧のとおり、ビルディングジャングルです。

近所の人はほとんど街を離れ、現在住んでいる人は、新しく震災後に来た人ばかり。つまり、震災を知らない人たちばかりです。

ほとんどの家は建て替えられ、家や街並みは区画整理により整然としています。

小学校、中学校もすべて建て替えられました。

もはや震災前のような、私の故郷としての面影は一切ありません。

地震はそれほど、すべてを破壊、消滅してくれました。


我が家は自宅が全壊し、テント暮らしと、3年間の仮住まい生活を経験しました。

これから少しずつ、記憶を辿りながら、その記録を記していこうと思います。

2008/01/17(Thu) | トラックバック(1) | コメント(4) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。